グリーストラップ

1971年に施行された水質汚濁防止法により、特定の事業場にグリーストラップの設置が義務付けられ、さらに1976年には下水道法により、すべての営業用調理施設に事実上設置が義務付けられています。

グリーストラップとは

厨房からの油脂(グリース)を含んだ排水を、そのまま流さず一時せき止め(トラップ)溜めておく装置。いくつかのブロックに分かれ、徐々に油脂分を分離します。油脂分の処理は日常的にお店の方が汲み取ったり、専門業者による定期的な清掃が必要となります。

オゾンで排水のグリストラップ浄化

  • 店内外や近隣にまで及ぶ悪臭
  • 油脂分硬化による配管の詰まり
  • ゴキブリ等の害虫増加
  • 従業員による毎日の清掃負担
  • 高額負担を強いられる定期清掃

悪臭の発生により来店客へ悪印象を与えます。近隣施設から苦情が出ることも…。  その2 パイプ詰まり! グリーストラップで処理しきれなかった油脂分や、汚泥がパイプに溜まり、詰まります。  その3 害虫! 掃除の欠如から油脂分が硬化し、ゴキブリ等が発生。また、排水溝から厨房への行き来が可能であると、衛生管理の低下に。  その4 清掃に手間が掛かる! 下水臭がする中での清掃は大変です。床のぬめりをとる作業も手間が掛かります。

油脂を含む汚水をグリーストラップより吸上げ、「GSサクション」内で処理します。  ■除去した油脂は容器に回収。水分だけをグリーストラップに戻します。  ■エアレーションせず効率よくグリーストラップの油脂分を除去します。